So-net無料ブログ作成
空襲 フィナーレ爆撃 ブログトップ

<歴史> フィナーレ爆撃 [空襲 フィナーレ爆撃]

ポツダム宣言受諾の意思を示したのが、8月10日であるが、天皇制の存続を条件として入れて

いた。

14日に御前会議が開かれ、ご聖断でポツダム受諾を決定したが、この通告が遅れたために、

米軍が最後の空爆を始めていた。

B29の機数は、825機、そして対象とされた市は大阪市、秋田市、光市等の20市が該当した。

秋田市では、14-15日の空爆で250名以上が、大阪市で500名以上、ぐじゃるス750名が死亡した。

受諾通告がもっと早く米国に伝われば防げた死亡だったが、この混乱は、陸軍の青年将校反乱で

ごたごたしたせいもあろう。

まったく惜しい機会を失ったものだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
空襲 フィナーレ爆撃 ブログトップ