So-net無料ブログ作成
松井秀喜 引退試合 ブログトップ

<記念日> 引退試合 [松井秀喜 引退試合]

松井の言葉です。感動しました。

ジャイアンツファンの皆様、お久しぶりです。

2002年、ジャイアンツが日本一を勝ち取った直後、ジャイアンツに、そしてファンの皆様に自らお別れを伝えなくていけなかった時、もう二度とここに戻ることを許されないと思っていました。

しかし、今日、東京ドームのグラウンドに立たせていただいていることに、今、感激で胸がいっぱいです。

1992年のドラフト会議で私をジャイアンツに導いてくださったのは、長嶋監督でした。王さんのように1シーズンでホームラン55本を打てるようなバッターを目指せ、背番号55番をいただきました。
将来は立派にジャイアンツの4番バッターを務めなくてはいけないと思い、日々努力したつもりです。
ジャイアンツの4番バッターを任せていただけるようになり、誇りと責任を持って毎日プレーしました。ただ、その過程には、常に長嶋監督のご指導がありました。

毎日毎日、2人きりで練習に付き合ってくださり、ジャイアンツの4番バッターに必要な心と技術を教えていただきました。また、その日々がその後10年間、アメリカでプレーした私を大きく支えてくれました。そのご恩は生涯忘れることはありません。

今日、ファンの皆様に久しぶりにお会いしたというにもかかわらず、再びお別れの挨拶となってしまい、もう一度、プレーする姿をお見せできないのは残念ですが、これからも僕の心の中にはジャイアンツが存在し続けます。
どういう形が分かりませんが、またいつか、皆様にお会いできることを夢見て、また新たに出発したいと思います。
ジャイアンツでプレーした10年間、アメリカでプレーした10年間、いつもいつも、皆様からの温かい声援が、僕に元気を与えてくれました。

ファンの皆様、長い間、本当に本当にありがとうございました。

タグ:松井秀樹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
松井秀喜 引退試合 ブログトップ