So-net無料ブログ作成
痛い敗戦 卓球世界選手権 ブログトップ

<スポーツ> 痛い敗戦 [痛い敗戦 卓球世界選手権]

対韓国戦があった。
福原愛が、13度目の正直で、世界№1とも言われる、キム・キョウンアに3-2の初勝利。幸先良いスタート、2勝分に相当する快挙。

続く石川佳純がソク・ハジュンに同じく3-2で勝利、2勝目を挙げる。

3番手、平野早矢香が中国帰化選手タン・イエソと接戦の末落とす。これがつまずきの元?

4試合目、福原愛がまさかの0-3、ノリノリのソク・ハジュンつけ入るすきがなかった。

5試合目、初対戦ながら、佳純ちゃん凌ぐところは凌ぎ攻撃を続け、ファイナル突入。ファイナルも8-4となり、すこし焦りがあったか、決めに掛かりミスの連発。これが経験値の違い?じっくりあと1点取れば態勢が決まっていた。ここから逆転を許し、9-10、しかし。佳純も粘り、ジュース、そして10-11から再度ジュース、12-11でマッチポイントを取るがまたジュース、再度マッチポイントを握るが、無情にも12-14で敗退。

勝ちきるって難しい、特に卓球は一球で流れが変わる。この敗戦を糧にロンドン五輪は金狙いで!

しかし、敗戦後のインタビュー、3人ともに戦犯であると思わせるようなひどい発言内容の紺野アナ、サイテー。即刻追放して欲しい。がっくり。余りにも傷口に塩のような無情な発言に神経を疑った。残念。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
痛い敗戦 卓球世界選手権 ブログトップ